出展社インタビュー

第11回 オートモーティブ ワールドのご出展社様より出展成果などお聞きしました。

貴社の出展検討にお役立てください。

これまで総計で数十億の売上につながっています

東海エレクトロニクス株式会社
■ マーケティング本部 Sセグメント推進部 部長 兼 推進課 課長

 高橋俊 様
(出展:第11回 [国際]カーエレクトロニクス技術展)

― 出展の成果を教えてください
 アンケートや名刺をいただいた方が3日間で1,000名くらいいました。過去のデータではそのうちから6割くらいが商談につながっており、これまでに合算して数十億の売上につながっています。

 

― どのような方とお会いできましたか 
 決裁権をもっている部長クラスの来場が多く、商談につながりやすいと感じています。
 また展示会自体に活気があり、来場者は事業で困りごとのある実務の方が多くいらっしゃる傾向にあると思います。

併設展の開催もあり、様々な方に来場いただいています

アナログ・デバイセズ株式会社
■ リージョナルマーケティング マーケティングマネージャー 
LTspice Users Club事務局長
 戸上晃史郎 様
(出展:第11回 [国際]カーエレクトロニクス技術展)

― 出展の目的を教えてください 
 製品の訴求が大きな目的です。カーエレクトロニクス向けに最新の製品やソリューションを去年からリリースしてきましたが、それらを一番に訴求できる展示会は本展だと思っています。例年通り一番大きなブースで出展いたしました。

― どのような方とお会いできましたか
 案件につながる質の高いお客様に来場いただけていると思います。また併設展も開催されているので、そこから流入してきた様々な来場者に立ち寄っていただけることが、本展示会の大きな魅力だと思います。

ティア1の会社様だけでなく、OEMの会社様と知り合うこともできました

ボッシュ株式会社
■ オートモーティブエレクトロニクス事業部 セミコンダクタ コンポーネント営業G マネージャー
 高木和博 様
(出展:第11回 [国際]カーエレクトロニクス技術展)

― 出展の目的を教えてください
 ティア2製品の認知拡大が目的です。ボッシュは日本だとティア1のイメージが強いため、ティア2の製品を知っていただきたく出展しました。またADAS関連に向けた製品も出しているので、それらの新製品紹介も出展の目的としています。

― どのような方とお会いできましたか
 OEMの会社様とお会いしました。ティア2の場合、直接のお客様はティア1なのですが、OEMの会社様からティア1の方に製品を知っていただくというケースもあります。今回OEMの会社様と数多く話をさせていただいたので、そのようなアプローチが見込める非常に良い機会だったと思います。

毎年出展していますが、新規のお客様との出会いが必ずあります

株式会社アサヒメッキ
■ 技術部 品質管理課 係長 
 福田智之 
(出展:第5回 自動車部品&加工 EXPO)

― 出展の目的を教えてください
 新規顧客の開拓です。また自社が提供している「ステンレスの発色」という技術の認知度を向上させたく、出展をいたしました。

― 成果についてはいかがでしたか
 弊社の製品を量産したいというお客様もおり、出展の効果を感じています。毎年出展しているので既存のお客様もいらっしゃいますが、新規のお客様との出会いも必ずあるので成果があったと感じています。

購買意欲がある来場者が多いと感じています

横山興業株式会社 
■ 代表取締役社長
 横山栄介 様
(出展:第5回 自動車部品&加工 EXPO)

― 出展の目的を教えてください
 提供製品が基本的に自動車部品ということもあり、つながりができる可能性が高いと考えて出展しました。出展は3回目です。

― 商談につながりそうな出会いはありましたか
 量産部品のため、すぐに買ってみようとなりづらいですが、面白いご相談はいくつかありました。1日あたり3件くらいは、具体的な商談につながりそうな話がありました。購買意欲がある、新しいものを求めてきている来場者が本展示会には多いと感じています。

新規のお客様も多く、商談につながりやすいと感じています

日本コーティングセンター
■ 営業本部 営業開発企画室 室長 
 木村裕ニ 様
(出展:第5回 自動車部品&加工 EXPO)

― 出展の目的を教えてください
 弊社は自動車関係がメインのお客様になりますので、本展示会で業界の方に製品をPRできればと思い出展しました。加えて、ネプコン ジャパンなど同時開催をしているため、そこから訪れる来場者にも興味を持っていただけるかと思ったのが出展の理由です。

― 出展のご感想を教えてください 
 海外のお客様も多くいらっしゃると感じました。新規のお客様も多く、商談につながりやすいと感じています。弊社の商材を見て「さっそく試してみようか」という話になるケースもあり、出展して良かったと感じています。

1日平均で15、6件の商談が生まれ、非常に満足のいく成果でした

横河レンタリース株式会社
■ 営業統括本部 LCM&ソリューション推進部 第一課長
 杉田純一 様
(出展:第5回 自動車部品&加工 EXPO)

― 出展の目的を教えてください
 弊社は計測機器のレンタル事業をしていますが、この度、計測に関する情報サイト「TechEyesOnline」を立ち上げました。そのPRと本登録を一番の目的としています。

― 成果についてはいかがでしたか
 3000人の本登録を目標にしていましたが、無事達成することができました。また製品も一部展示していたのですが、1日平均で15、6件の商談も生まれ、早速営業でフォローしています。非常に満足のいく成果でした。

同時開催展の出展社インタビュー

その他ご質問などありましたら事務局までお問い合わせください

出展に関するお問い合わせ